父は病院に通院していたのですが、大阪の直葬でわかっているようでわかりにくい家族葬についてはその日も午前中に自分で車を運転して病院に行き、診察を待っている間に倒れてしまって、私に連絡が来て、病院に行ったら、心配停止になって、そのまま帰らぬ人になってしまいました。母が亡くなった時に使った葬儀社に連絡して、遺体を病院から自宅に連れて帰ってもらうことにして、母の妹が来てくれました。大阪の家族葬で気を付けたい知っておきたいマナーは葬儀は家族葬で、私と兄と叔母の3人だけでした。セレモールという葬儀社にお願いしたのですが、とてもよくしてくださいました。家で葬儀を上げることができたのはラッキーだったなと思います。家で葬儀をしたくても、直葬の納得料金で豪華な家族葬フローラルホール枚方会館で葬儀社で葬儀を上げることになる人が多いようです。亡くなった父の顔は時間が経つにつれて、若い頃のような顔になっていくのでとても不思議でした。穏やかで美しい顔でした。お通夜が済んで、翌日火葬にするために焼き場に行きましたが、かなり混んでいていました。とても綺麗なところでした。義母の葬儀を、家族葬で営みました。亡くなった義母の子供・孫・曾孫を中心に15名ほどの葬儀でした。専用の葬儀会館は、式場も小さめで、控室も華美を廃した実質本位のものでした。祭壇を選ぶ際にも、用意されている最高ランクの祭壇でも、一般の葬儀会館で営んだ私の母の中位の祭壇よりも安い設定となっています。式場が狭い分、祭壇のサイズも小さく、従ってそこに飾り付ける花も少なく、こうした価格設定が可能な様です。中位のランクの祭壇を選定したのですが、決してみすぼらしい感じは受けず、そこそこ立派と言える印象を受けました。もちろん、参列者が少なければ、食事費用等は安く済みますが、家族葬専用会館で営む場合、それ以上に葬儀に必要な祭壇や各種の品々が安く済む点と、華美を廃した会館そのもの建設費が安い事が利用者に還元されているからだと思えました。多くの参列者を迎え、寂しさを忘れる喪主が忙しい葬儀にも、寂しさに打ちひしがれる事が和らげられるメリットもありますが、天寿を全うした様な方の葬儀としては、家族葬も良いものだと感じました。

健康ナビ医療ラボ医療ラボ病院ラボ病院ナビ工務店向け集客ノウハウショッピングカート内職 アルバイト住宅リフォーム総合情報クリニック集客ノウハウ健康マニアによる無病ライフオーディオJALカード病院ネットクリニックの教科書クリニックラボクリニックナビ病院の教科書