叔母の葬儀は家族葬でおくりました。

3年ほど前の実母の姉が他界しました。
家族葬を大阪の専門施設で選ぶには二人の息子はいますが、遠く離れた場所で生活をしていた為、叔母の遺言であった、最後は家族だけでひっそりと送って欲しいと生前に言っていた事を伝えました。

親族でも遠方の方や、理想の家族葬を大阪府内で叶えるために掛かるお金は1年くらい時間が経過して、色々が落ち着いた頃に知らせるタイミングがあれば知らせてくれて構わないけれど、知らせなくても良いと言われていました。

そんな関係から、口コミで評判の家族葬は大阪のフローラルホール寝屋川会館で葬儀屋さんと相談して、家族葬で送りだす事を息子二人と決めました。
当日は焼き場で初七日など、全ての事を済ませて、その後、お食事に近しい親族だけて行きました。
家族葬は私が思っていたよりも、大変スムーズで今の時代にあっていると思いましたし、それでいてきちんと家族の心がこもっているので、派手な葬儀ばかりが良い葬儀ではないと痛感しました。

叔母が好きだった曲と御花で叔母を送り、食事会では思い出話に華が咲きました。
家族葬ははじめての体験でしたが、とても温かい葬儀でした。