会場の収容人数を超えたお葬式

大学生の時、高校の同級生の葬儀に参列しました。大阪で失敗しないお墓の探し方は300人程を招集することができる葬儀場だったと思いましたが、年明けということもあり多くの同級生が自宅に帰っていたため、300人を超える参列者が集まりました。口コミで評判の家族葬大阪のフローラルホール寝屋川会館は彼女のご両親は会社を営んでいた人だったため、会社関係者も多く集まっていましたが、お父様が「娘の葬儀だから娘の友達が先頭に座ってください」と言ったことにより、私たち同級生や彼女の大学の同級生が前に座ることになったのです。その時、ご両親の会社関係の人は理解を示してくれていたようでしたが、近所の人などはとにかく不満だったようで、「どうして私たちが先頭じゃないの?」と文句を言っていたことを覚えています。葬儀における座る位置で不満をいうなんて醜いと思ったものです。その会場からは直接エスカレーターで上の階や下の階に行くことができましたが、何といっても参列者が多すぎたため、最終的にはそのエスカレーターを止めなければならず、そんなエスカレーターにも人が溢れてしまう、という状態でした。いろいろありましたが、そこまで多くの人に送ってもらえた友人は幸せだっただろうと思っています。