葬儀社に父の葬儀を御願いし喪主を経験しました。

入院していた父が亡くなり葬儀社に一式御願いする為に亡くなった病院から連絡をしました。
まずは病院にきてくれて、遺体を家に運んでくれました。1名だけで、最後までその方だけが担当で毎日着てくれました。病院へは遺体を包むものや家に置くもの一式を持ってきてくれます。喪主になる事は母から御願いされていたので、葬儀社の方に自分が喪主になりますと話すと、喪主としてやらなければいけない事を教えてくれます。あまり先の予定は話さず、今決めなければいけない事を、これをいつまでにしてください。という様な形で指示してくれますので、指示通りに忘れずにこなしていけば、喪主でも怖がる事は無いと思いました。また、亡くなった事のショックが大きくあまり他の事が考えられなくなるのも事実です。役所関係への届けなども、葬儀社の方が指示してくれました。火葬場への連絡などもしますが、それも葬儀社の方が紹介してくれた通りに行います。ここの地域ではこの様にしますが、どうしますか?という様に聞いてくれるのでとても心強く安心して行う事ができました。通夜や葬儀に参列した人にする挨拶なども台本をいただけますので、台本どおり見て読んでも良いし、自分の気持ちを入れるならココに入れてくださいと台本の中に書いていますので、全く気にする事なく、無事に済ませる事ができました。