プロテスタント系のお葬式にて

私のおじいちゃんはプロテスタント系のキリスト教でした。
その上で、うちの親父とお袋は離婚してました。それでも父は来てくれました。
当時の喪主はおばあちゃんがやりました。

プロテスタントのキリスト教の葬式とはいえ、日本の葬式は一般的な仏教と同じように
手を合わせてなくなった方に対して手を合わせておりました。

ただ、お焼香がないだけです。おばあちゃんが確かに旦那が亡くなって悲しんでおりましたが
気丈に反応してました。みなさんキリスト教の葬式とはイタリアンマフィアのやる大規模な葬式を意識するかもしれませんが、そうではなくて日本の宗教観の通り、キリスト教でも一般的な日本の宗教と同じような流れでした。

キリスト教の棺、教会で葬式をすること以外は何も変わりません。
確かキリスト教のプロテスタント教会です。

お金はそこまでかからずに150万円程度で行うことができました。
また、普通に礼服でみなさんおとづれて行う場所、棺、聖書を読むことがありました。

聖書の中の部分を読んで賛美歌が非常に長くて大変でした。

最後のお見送りも日本の普通の葬式と同じでした。その後も火葬しました。
岐阜市の斎場まで自動車で移動して火葬場まで移動しました。

それも全て、移動代も含めて150万円かかりました。

普通の日本式の葬式よりも少し安価になりました。
ただ、はじめての葬式なので悲しかったです。